書影

草間彌生さんの「無限の網」を最後まで読んで。

感想

今まで全く知らなかった草間彌生さん。

どういう人なのかな?

と軽い気持ちで読んでみたら、壮絶な人生を歩んできた強烈な方でした。

 

幼少期に精神病を発症し、自身を守るために芸術に没頭した過去。

偏見に立ち向かい、評価を勝ち取ったアメリカ時代。

 

自分が救われたように、今度は人類全体を救いたい
という思い。

芸術家は

「自分の感性の赴くままに筆を走らせる」

というイメージでしたが、見事に打ち砕かれた。

 

今なお精力的に芸術家活動を続けている草間さん。

とても尊敬できる生き様、人柄でした。

    おすすめの記事