書影

第一章のニューヨーク編と時系列が前後し、草間彌生さんの幼少期の壮絶な体験が書かれている。

 

家庭の問題、親との不和、社会の抑圧…

それらに端を発する精神病。

 

辛く荒んだ心を癒すために描き始めた絵。

 

草間彌生さんの原点が、こんなにも辛く壮絶なものとは知らなかった。

感想

本章の感想です。

精神病を発症

親との不和(虐待?)により、精神病を発症してしまう。

 

  • すみれの花が人間の顔に見える
  • 動植物が話しかけてくる
  • 幻覚・幻聴が見える、聞こえる

 

メルヘンな世界を想像したが、決して優しい世界ではない。

恐怖心から自分の心を守るために、見たものをスケッチブックに描いていたそう。

 

スケッチブックに描くことで心を静めていく。

 

男根のオブジェを創っていた理由と同じ。

 

草間彌生さんの芸術の原点は幼少期にあったのだと実感。

カボチャ

草間彌生さんの代表作、カボチャとの出会いも幼少期。

 

カボチャは容姿が醜い男性を罵る際に使われる言葉。

(唐南瓜野郎)

 

でも草間さんはカボチャの愛嬌ある姿、精神的力強さに魅了される。

 

自画像と称してカボチャの絵を描いたことからも、草間さんはカボチャと自身を重ね合わせていたのかも…

 

感想まとめ

草間さんの壮絶な幼少期が書かれた章。

 

荒れた家庭環境や抑圧により、離人症という精神病を発症してしまう。

 

日々苦しみや恐れと戦い、自殺まで考えたという幼少期。

 

幼き少女にとってどれほど辛いものなのか…

想像に絶する。

 

自身を救う手段となったのが芸術を作ること。

 

柵から広大な世界へ飛び立つための手段。

 

草間彌生作品の原点、鋭い感性の根源が垣間見える章でした。

    おすすめの記事