書影

久々に東野圭吾さんの作品を読む。

昔はよく読んでいたけど、最近はめっきり。

ミステリー小説は深く考えずにパラパラ捲れるから好き。

(自分だけ?)

頭を使わずに、ただただトリックを楽しむ目的で読んでいる。

 

本作はミステリーよりもホラー色が強い。

寝る前に読むんじゃなかったー。

秘技「ページ飛ばし」で怖いシーンはすっ飛ばし。

 

驚くようなトリックでは無かったけど、
十分に怖かった。

 

タイトルの意味が最後に分かった瞬間は少し感動。

 

やっぱり東野圭吾さんの作品は面白いなー。

    おすすめの記事