書影

数年前に話題になった本。

夜ダラダラと起きてしまったり、
日中眠気を感じることが多いので

睡眠について学びたいと思い、読んでみることに。

感想

感想というか、初めて知ったことのメモ。

最初の90分間が大切!

睡眠は最初の90分間が最も大切。

眠り始めて最初の90分間では

  • 自律神経の回復
  • 成長ホルモンの分泌

といったことが脳内では行われている。

 

だからこそ入眠のための準備も大切。

 

どうしても睡眠時間を削る場合は
夜更かしするのではなく、
とりあえず90分だけ寝て、その後起きたほうがいいとのこと。

眠りスイッチとなる体温と脳

体温が下がると眠くなるため、寝る前には体温に注意する。

特に入浴。
入眠の2時間前には済ませる。

また体温を逃すために、靴下を履いて寝ない!

(自分はいつも履きっぱなしでした…)

いい眠りはいい目覚めから

起きたら日光を浴びる。

これはよく言われることだけど、
自分は全くできていない…

 

まずは早朝の散歩を日課にしよう。

アラームは2回に分ける

いきなり起きるでのはなく、脳に

「起床の準備」をさせたほうがいいとのこと。

これは知らなかったなー。

早速やってみよう。

朝食を食べる

当たり前のことだけど、全然できてない…

  • エネルギー補給
  • 噛むことで脳を活性化

というメリットがあるとのこと。

 

でも起きてすぐにお腹が空かないんだよなー

と思ったらそれは不健全の証拠らしい…

 

いい眠りは朝から。

いい眠りが1日の成果に関わる。

朝ご飯をちゃんと食べないとなー。

    おすすめの記事